債務整理中でも融資可能で持てるクレジットカード  

債務整理中でも融資可能で持てるクレジットカード  

後払いのクレジットカードは厳しい

クレジットカードのように使えて債務整理中でも融資可能なカードはありますが、一般的なクレジットカードのように利用した金額を翌月に後払いで支払うというタイプのものは、債務整理中には審査に通らない可能性が高いので、作ることは難しいと言えます。しかし、近年ではカード社会になっているので、現金だけでは生活しづらい事もあります。クレジットカードのように使えるけれど債務整理中でも問題なく作れるカードと言えば、プリペイド式のクレジットカードや銀行口座のキャッシュカードとして使えるデビットカードなどがおすすめです。

プリペイド式は便利

債務整理中でも融資可能なカードといっても、プリペイド式は最初に利用上限の金額をカードに自分で入金して、残高を少しずつ使っていくというシステムなので、厳密には金融機関から融資を受けるわけではありません。プリペイド式なら自分が最初に入金した金額までしか使えませんし、残高を超えた金額で使おうとすると承認されないので、使いすぎてしまう心配がないというメリットがあります。カード維持費は無料というものもあるので、ぜひチェックしてください。プリペイド式は申し込んだ時に審査が行われないので、誰でも手軽に作ることができるというメリットがあります。

デビットカードも審査なし

銀行口座のキャッシュカードにVISAやJCBのロゴがついているデビットカードは、利用した分はリアルタイムで銀行口座から引き落とされるカードです。銀行に残高がなければプリペイド式と同じように承認されないので使えません。デビットカードは、申込んだ時に審査が行われるわけではないので、債務整理中の人でも問題なく作ることができます。銀行によっては年会費がかかるものもありますが、完全永久無料の銀行やデビットカードもたくさんあるので、債務整理中は特に無駄な出費を省くためにも無料のものを選んで作りたいものですね。銀行によってはデビットカードだけでも数種類がラインナップされているものもあります。

↑ PAGE TOP