債務整理中にお金を借りる時に知っておきたい事

債務整理中にお金を借りる時に知っておきたい事

希望する額よりも少ない

一般的な金融機関だと、銀行でも消費者金融でも債務整理中というだけで自動的に審査落ちの対象になってしまうことが多いものです。つまり、債務整理中の5年から10年間は、借りたくても貸してくれる所が見つからないという状態が続いてしまうわけです。しかし、そんな中、債務整理中でも融資可能な金融機関は中小規模の消費者金融の中にいくつかあり、債務整理中だから100%無理というわけではなくなっています。ただし、立場上、希望する金額を満額で借りられない場合も多く、必要な金額よりも少ない金額でしか借りられなかったということも起こることはもちろんあります。たくさん借りられないことは、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

手続きが少し面倒になることも

債務整理中でも融資可能な金融機関でも、債務整理中の人に対してはどうしても審査に慎重になってしまうものです。これは、以前に多重債務などで返済できなくなってしまったという経験がある人は同じ事をまた繰り返すのではないかと懸念しているためです。個人の事情を考慮して貸してくれても、金額が少なかったり、公正証書が必要になったり、また通常なら電話一本で申し込めるのに債務整理中だと来店しなければいけなかったり、手続きが少し面倒になる場合もあるようです。

借りやすい環境を作る事

債務整理中に借りにくいということは、誰もが知っている事実です。しかし、そんな中でも自分自身で工夫したり努力することで、借りやすい環境を作ることは可能です。例えば、安定した収入がある事を証明できるように正社員として働くとか、転職を頻繁にせずに勤続年数が最低2年以上になることを目指して頑張るのも良いでしょう。また、債務整理中で返済が残っている場合、返済遅延しないように最大限の努力をすることも必要と言えます。債務整理中で頻繁に返済延滞しているような場合には、債務整理中でも融資可能な金融機関からも審査落ちになる可能性が高くなります。

↑ PAGE TOP